アクセサリーが持つ効果

洋服って年齢的なものや、その時の環境の変化なんかで好みが変わりますよね。松枝夏美もそうです。20歳くらいまでは清楚系の洋服を好んで着ていましたが、20歳を過ぎた辺りからは、ラフな服装を好むようになってきたのです。アクセサリーも同じことが言えます。20歳まではあまり主張しない、小ぶりのアクセサリーをつけていました。が、20歳を超えてからは、存在感のあるアクセサリーを好むようになってきたのです。例えばピアスも小さなストーンしか付けていなかったのが、風や動きによって揺れ動く、そんな動きのあるアクセサリーを付けるようになってきましたし、ネックレスも今までの松枝夏美なら首元に小さなトップが付いているものをつけていたのに、今ではお腹の辺りにネックレストップがくるような、少し長めのものをつけています。好みは変わるのです。とはいえ、もちろんその時に着る洋服にあったものを選びますが・・・ちなみに、身につけるアクセサリーの存在感があるものほど、人の視線は自然とそちらに向くようにできていますので、顔が小さく見えるというメリットや、体型もスッキリして見えるという視覚効果もあるそうですよ。これは多いに利用しなくてはいけませんよね!(笑)それに、シンプルな洋服ほど、アクセサリーって引き立つものだと思うのです。例えば真っ白なシャツ。そのまま着ても綺麗だけど、そこにネックレス1本つけるだけで、真っ白なシャツに華やかさがプラスされるのです。同じ洋服でも、人に与える印象がぐんと変わりますよ。上手にアクセサリーと付き合うと、幾通りもの顔をのぞかせることができるかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中