思い出の指輪

松枝夏美には、特別なアクセサリーがあります。それは、どんなにお金をかけても二つとして手に入らないアクセサリーなのです。つまり、プライスレスですね。その特別なアクセサリーとは、母から譲り受けたエメラルドの指輪です。母もまた、父と結婚する時に、お母さんから譲り受けたらしいのです。つまり、松枝夏美の祖母ですね。特に、代々受け継いでいくというほど高価なものではないのですが、祖母にとってはとても大切なものだったらしいのです。なぜならその指輪は、祖母が祖父と結婚した時に、祖父から初めてもらったプレゼントだったからなのです。そして、そのエメラルドの指輪は、最後にもらったプレゼントになってしまったのです。なぜなら、祖父は祖母と結婚してしばらくしてから戦争に行き、帰らぬ人となってしまったからなのです。幸いお骨は祖父の元に戻ってくることができたのですが、祖母は、祖父との間に授かった子供2人を、祖父の唯一の形見の品となってしまったエメラルドの指輪と共に必死で育て上げたのだとか・・・祖母からすると、その指輪は祖父そのものだったのでしょうね。本来ならそのエメラルドの指輪をリメイクしたら、今でも十分に使える品物なのですが、そんなエピソードを聞いてしまったら、リメイクするなんて事出来なくなってしまいました。松枝夏美の祖母と祖父の思い出を汚してしまいそうで・・・私もいつの日か、そんな素敵なエメラルドの指輪を託す日がくるのかな?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中