アクセサリーが持つ効果

洋服って年齢的なものや、その時の環境の変化なんかで好みが変わりますよね。松枝夏美もそうです。20歳くらいまでは清楚系の洋服を好んで着ていましたが、20歳を過ぎた辺りからは、ラフな服装を好むようになってきたのです。アクセサリーも同じことが言えます。20歳まではあまり主張しない、小ぶりのアクセサリーをつけていました。が、20歳を超えてからは、存在感のあるアクセサリーを好むようになってきたのです。例えばピアスも小さなストーンしか付けていなかったのが、風や動きによって揺れ動く、そんな動きのあるアクセサリーを付けるようになってきましたし、ネックレスも今までの松枝夏美なら首元に小さなトップが付いているものをつけていたのに、今ではお腹の辺りにネックレストップがくるような、少し長めのものをつけています。好みは変わるのです。とはいえ、もちろんその時に着る洋服にあったものを選びますが・・・ちなみに、身につけるアクセサリーの存在感があるものほど、人の視線は自然とそちらに向くようにできていますので、顔が小さく見えるというメリットや、体型もスッキリして見えるという視覚効果もあるそうですよ。これは多いに利用しなくてはいけませんよね!(笑)それに、シンプルな洋服ほど、アクセサリーって引き立つものだと思うのです。例えば真っ白なシャツ。そのまま着ても綺麗だけど、そこにネックレス1本つけるだけで、真っ白なシャツに華やかさがプラスされるのです。同じ洋服でも、人に与える印象がぐんと変わりますよ。上手にアクセサリーと付き合うと、幾通りもの顔をのぞかせることができるかもしれませんね。

松枝夏美の色紙作り

急なことなのですが、松枝夏美のお友達が引っ越すことになったのです。地元の友達でしたので、これから頻繁に会えなくあると思うと、ほんとに寂しくてしかたありません。いままで、恩師との別れは経験したことはあるものの、仲の良い友達との別れを経験するなんてことはありませんでした。寂しいものですね・・・引越しまであと1週間らしいのですが、お別れ会をしたいということになり、地元の友達数名で集まって企画することにしたのです。お別れ会当日は、松枝夏美の家でホームパーティーをして、その後何か形に残るものを記念品として渡したいという話になったのです。記念品は・・・みんなの意見をだしあって決まったものは、色紙への寄せ書きと、みんなの写真でした。色紙なんて何年ぶり!!といった感じだったのですが、最近は色紙もたくさん種類があって、色紙を決めるだけでも一苦労でしたよ。結局みんなの集合写真が一枚貼れる、ポップアップの色紙を選択したのでした。後は、みんなから友達へのメッセージをつけたのですが、それでも空白箇所が寂しくて、シールでも貼ろうかという話もでたのですが、どうせするなら私たちらしい個性的で華やかなものにしたいという話になりました。そこで閃いたのが、松枝夏美が手作りしようと思って以前購入していたアクセサリーパーツです。幸いたくさんあったのでそのアクセサリーパーツをグルーガンで一つずつつけていくことにしたのです。完成したその色紙は、いままで見たことがないほど華やかなものになりましたよ。ただ立体的すぎるので額には入りませんが・・・当日友達が喜んでくれるといいな・・・

 

アクセサリーからわかる束縛度

ちょっと面白い記事を読んだので、紹介させてくださいね。松枝夏美が呼んだその記事には、彼からプレゼントされるアクセサリーでその束縛度がわかるというものでした。なんとなく面白くありませんか?その真偽のほどはわかりませんが、参考までに・・・まず、ブレスレットは束縛度70%、ネックレスは束縛度90%、指輪は120%らしいです。さて、皆さんはこれらのうち、プレゼントされたことがあるものはありますか?松枝夏美はネックレスと、指輪はプレゼントされた経験があります。ブレスレットは未だかつて誰からもプレゼントされたことはないです。束縛度関係なしに、やはり女の子なら誰しも大好きな彼からは、指輪をプレゼントされたいものなのではないでしょうか?しかも特別な日にプレゼントなんてされたら感動もひとしおですよね。なんとなく特別感がありますし、指輪って肌身離さずつけていられるので、常に彼が傍にいてくれているような変な安心感もありますしね。ちなみに指輪は、自分の物、契約、約束という意味合いがあるので、束縛度が120%らしいです。うん。なんとなく納得ですよね。だって婚約指輪だってそうですよね。婚約指輪をしているだけで、既婚者だといわなくてもすぐに見てわかりますし、浮気防止の道具にもなります。まー、未婚者であっても薬指に指輪をしていると、彼氏や彼女がいるのかな?って、思いますよね。アクセサリーってほんと面白いですね。特に特別な意味が見て取れるものは・・・あなたなら彼からどんなアクセサリーをプレゼントされたいですか?

アンクレット再生作業!

アクセサリー大好きな松枝夏美は、昨日部屋の断捨離をしていました。すると、引き出しの中から壊れてしまったアンクレットがでてきたのです。そのアンクレットは松枝夏美のお気に入りで、夏になると毎日のように足首につけているのですが、ある時パチンとはじけてしまったものでした。いつもなら、すぐに捨てるのですが、そのアンクレットはお気に入りだったので、なんとなく捨てることもできず、はじけとんだパーツを拾い集めておいたのでした。前回のブログをご覧になっているかたならご存知かもしれませんが、松枝夏美はDIYが苦手です。だけど、テグスを購入してパーツを通していくだけなら出来そうですよね。テグスなら100均でも販売されていますし、チャレンジしてみようかな!というわけで、さっそくテグスを購入しにいきました。テグスも数種類あってどれを購入したらいいのか正直わかりませんでしたが、そこはなんとなくの直感で選択しました。(笑)自宅に帰るなり、さっそくアンクレット再生のための作業開始です。DIYは苦手ですが、やるのは大好き!わくわくしちゃいますね!友達からテグスからパーツが抜け落ちないように、テグスのスタート部分をテープで止めておくことを薦められていましたので、アドバイスの通りにしましたよ。なるほど!これは便利ですね。抜け落ちる心配をすることなく作業がどんどん進んでいきました。結局30分ほどで完成!思ったよりも簡単にもとの状態になりました。パーツをとっておいてほんとによかったです。松枝夏美、なんとなくビーズアクセサリーにはまりそうな予感・・・

お嫁さんへのサプライズプレゼント

松枝夏美の母は、最近結婚した兄の奥さんのお誕生日に、どんなプレゼントをしようかここのところずっと悩んでいます。兄が結婚してから、初めての奥さんのお誕生日です。確かに悩みますよね。よく、嫁姑争いといいますが、まだ結婚一年目だからかもしれませんが、嫁姑争いとは無縁と言っていいほどに、母はお嫁さんの事がとても大好きな様子です。とにかくかわいいのだとか・・・確かに私の目から見ても、見た目も中身もかわいいので、私も大好きなのです。はっきりいって松枝夏美のお誕生日なんて最近では素通りの母なので、いかにお嫁さんのことを大切に思っているのかがよくわかりますよね。(笑)娘の私にとっては少々複雑ではありますが・・・ただ、プレゼントするにも同居しているわけではないので、お嫁さんの趣味がわからないのが問題で・・・ですから、洋服も、靴も、バッグも選べない始末・・・だからといって母的にはサプライズをしたいので、プレゼントのリクエストを聞くこともできません。じゃあ、お金?なんて話も出たのですが、初めてのプレゼントにお金なんて、愛がなさすぎる・・・と。結局母と二人で悩んだ挙句、誕生石をあしらったネックレスをプレゼントすることにしたのです。特に主張しすぎず、さりげなくおしゃれなデザインのものをチョイスしましたよ。あとは、サプライズに成功したらいいのですが・・・なんといっても嘘がつけない母親ですから、松枝夏美的にはそこが一番心配なところかもしれません。成功するといいのですが・・・

思い出の指輪

松枝夏美には、特別なアクセサリーがあります。それは、どんなにお金をかけても二つとして手に入らないアクセサリーなのです。つまり、プライスレスですね。その特別なアクセサリーとは、母から譲り受けたエメラルドの指輪です。母もまた、父と結婚する時に、お母さんから譲り受けたらしいのです。つまり、松枝夏美の祖母ですね。特に、代々受け継いでいくというほど高価なものではないのですが、祖母にとってはとても大切なものだったらしいのです。なぜならその指輪は、祖母が祖父と結婚した時に、祖父から初めてもらったプレゼントだったからなのです。そして、そのエメラルドの指輪は、最後にもらったプレゼントになってしまったのです。なぜなら、祖父は祖母と結婚してしばらくしてから戦争に行き、帰らぬ人となってしまったからなのです。幸いお骨は祖父の元に戻ってくることができたのですが、祖母は、祖父との間に授かった子供2人を、祖父の唯一の形見の品となってしまったエメラルドの指輪と共に必死で育て上げたのだとか・・・祖母からすると、その指輪は祖父そのものだったのでしょうね。本来ならそのエメラルドの指輪をリメイクしたら、今でも十分に使える品物なのですが、そんなエピソードを聞いてしまったら、リメイクするなんて事出来なくなってしまいました。松枝夏美の祖母と祖父の思い出を汚してしまいそうで・・・私もいつの日か、そんな素敵なエメラルドの指輪を託す日がくるのかな?

ジュエリーを捨てるタイミングは?

皆さんはアクセサリーをどのタイミングで処分しますか?松枝夏美はその処分のタイミングがわからずになかなか処分できずにいます。ですからアクセサリー好きも助けて、かなりの量のアクセサリーを持っています。もちろんジュエリーボックスにも収納しきれていません・・・なんとかしなくては・・・と思って、今少しずつ整理しているのですが、思い入れのあるアクセサリーって、なかなか捨てられないものですね。そして整理していると、別れた彼氏からプレゼントしてもらったジュエリーもでてきました。(笑)松枝夏美本人も忘れていたくらいですから、ただ持っているだけで数年使っていないものです。そのジュエリーを見た時に、懐かしさと切なさがこみ上げてきました。そのジュエリーをプレゼントしてくれた彼の事が、私はとても大好きだったのです。本気で好きになった初めての人かもしれません。今は友達として会う事もなくなりましたが、それでもどこか未だに気になる人であることには変わりありません。さて、皆さんならそんな大切な人からもらったものを、捨てることができますか?山のように溜まったジュエリーを断捨離するつもりだったのに、いきなりそのジュエリーで断捨離が中断です・・・松枝夏美の意志の弱さに泣けてくる・・・(笑)それにしても、ジュエリーってただの物ではないものなのですね。ちゃんとそれぞれのエピソードが色濃く残っている。思い出そのものなのかもしれないです。結局前の彼からプレゼントしてもらったものは、いい思い出としてもうしばらく大切にしておくことにします。

ショック・・・

今日の松枝夏美は、ちょっとショックな事がおきました。それは松枝夏美がとても気に入っていたアクセサリーをなくしてしまったことです。私がなくしたアクセサリーは、トップに羽のモチーフがついたゴールドの少し長めのネックレスなのですが、とにかくどんな洋服にも合わせられるし、シンプルだけど存在感があり、そして、どんなピアスやヘアアクセサリーにも不思議とマッチするのです。そんなアクセサリーなかなかないですよね。でも、ピアスやイヤリングなら外れて紛失することってありえますが、どうしてネックレスが?と思われませんでしたか?そうなのです・・・今思っても悔やまれてしまいます・・・私がネックレスを無くした経緯はこうです。友達とショッピングに行ったのですが、とにかくその日は気に入った洋服との出会いが多い日だったのです。気に入った洋服なんてそうそう出会えませんので、片っ端から試着することにしたのです。試着しないと気が済まない性質で・・・(笑)で、その日も機嫌よく試着していたのですが、ネックレスって服に引っかかったりしますよね。ですから、私は試着する前にはいつもネックレスを外すようにしているのです。いつもなら外したネックレスをポケットに入れるのですが、その日に限ってポケットの無い洋服を着ていた私は、試着室の床の上に無造作に置いたのでした。そして洋服を5着試着して、そのどれもが気に入ったので有頂天になっていたのでしょう。きっと洋服だけ持ち出してネックレスはそのままにして帰ってきたようなのです。諦めきれずショップにも連絡してみたものの、結果は見つけられず・・・皆さんも松枝夏美のように試着するときにネックレスを外される方は、手間でもバックの中にでもしまってから試着してくださいね。

インディアンジュエリー

松枝夏美は、アクセサリーの類は全般大好きですが、一時とてもはまったアクセサリーがあります。それは、インディアンジュエリーです。私とインディアンジュエリーとの出会いは、ある友人からの紹介がきっかけでした。私にインディアンジュエリーを教えてくれた友達は、ネイティブアメリカンにとても興味を持っており、そのルーツからインディアンジュエリーの虜になったそうです。私は当初、インディアンジュエリーを一目みてすぐに好きになりました。それまでの私はというと、華奢なアクセサリーばかりを身に着けていましたので、インディアンジュエリーの、存在感や、迫力、そして今まで身に着けていたアクセサリーとはまったく真逆のフォルムがとても新鮮に感じたのです。そしてとにかく「かっこいい!!」と、素直に思ったのでした。インディアンジュエリーにもたくさんの種類がありますが、松枝夏美が特に気に入ったものは、シルバーに、黒い刻印で模様のようなものがついたものと、ターコイズの石が付いたものでした。たくさん欲しいものがありましたが、インディアンジュエリーって、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと高いのです。お店の方に尋ねてみたところ、すべてが手作りアクセサリーだから仕方がないのだとか・・・そしてなにより、どのアクセサリーにも意味が込められているのだそうです。ただたんに、飾りとしての装飾ではなく、インディアンジュエリーには、それに込められた意味があるのです。私はそのいろいろな意味の中でも、豊饒という意味が込められた指輪を購入しました。これが、松枝夏美が初めて手に入れたインディアンジュエリーなのです。

早くも福袋が気になる私・・・

さてさて、今年も残すところわずかとなりましたね。振り返れば、今年の後半は手作りアクセサリーに苦戦した日々でありました。(笑)そして、結果学んだことは、手作りアクセサリーで満足するには、まだまだ勉強が必要だということでしょうか。松枝夏美!来年も手作りアクセサリーへの挑戦は続けます!!めげないでしょ?(笑)まー、クオリティーを追及するならば、市販のものが一番ですけどね。しかし、この時期になると、来年の福袋が早くも気になってくる私・・・気が早いでしょうか?けれど、早いと思いつつもいろいろとリサーチ中だったりします。早くも福袋情報を流しているブランドもありますよ。しかも、松枝夏美は福袋の中身がはっきりしていないと購入できない性質なのですが、最近の福袋は中身を公開してくれているところが増えてきているので、その点はありがたいです。今、松枝夏美が気になっている福袋は3つあります。一つは、スーツケースの中に洋服が入っている福袋。スーツケース付きで5,000円という格安さに驚きですよね。小さなスーツケースですので、1泊旅行なんかには重宝しそうです。次は、スポーツ用品店からでる福袋です。特に私がスポーツするというわけではありませんが、ちょっとしたキャンプを楽しむにしても、トレッキングするにしてもアウターって必要不可欠だったりしますよね。そんなアウターを欲しいってずっと思っていたのです。3,000円でアウター入りの福袋ならありだと思われませんか?そして、最後にアクセサリーの福袋です。2,000円で5,000円分くらい入っているのだとか。毎年人気らしく去年も買い損ねてしまったので、今年こそはゲットしたいものです。